間接照明 置き方

失敗しない間接照明の置き場所を紹介しています。

 

そもそも間接照明とは、照明の光を天井や床や壁に当てて反射光で照らすという照明方法の事をいいます。
やわらかい光が得られ、様々な演出効果が可能で、雰囲気作りに最適なんですね。

 

しかし間接照明は、照明としてはあまりに頼りないので、ほかの照明と組み合わせて使ったり、いくつか同時に使用するのが一般的です。
間接照明の置き場所としては、照らす場所を意識して置くようにしてください。
天井や壁を照らすのが一番簡単です。

 

床を照らす場合は、部屋のコーナーに置いたり上手く足元を照らせるようにすれば綺麗な演出が可能ですが、床を照らす間接照明は必然的に床の高さに近い位置に設置することになるので、普段使うには暗すぎるし、足元で邪魔になってしまい結局使わなくなってしまう方が多いのです。
ですので、まずは天井や壁を照らす間接照明を使用されることをオススメします。

 

間接照明器具の形にもよりますが、背の高いものは部屋のコーナー。背が低くてもライトを上向きにできるものは、机などの上に。
間接照明初心者の方はまず、照明を部屋のコーナーに設置して、天井と壁を照らしてみてください。
照明としての能力を上げたい場合は部屋のコーナーに2つ以上設置し、同時に使用すればかなりの明るさが得られますし、一層おしゃれな雰囲気作りをすることができます。

【失敗しない】 間接照明の置き場所&置き方とは?記事一覧

【ベッド裏に置く】失敗しない間接照明の置き方

ベッド裏に置くおススメの間接照明はこちら>>間接照明をベッドの裏に配置する場合には、ベッドと壁の間の床から天井にかけてを照らすように配置するのが一番効果的です。そして、枕元の壁を照らすのが最も綺麗で、素敵な雰囲気が作れるでしょう。ベッドと壁の隙間からぼんやりと光が漏れ出ている様子は、想像しただけでも...

≫続きを読む

【テレビの裏に置く】 失敗しない間接照明の置き方のポイント

テレビ裏に置くおススメの間接照明はこちら>>最近ではブラウン管のテレビは姿を消し、薄型のテレビが一般的になりましたよね。壁に設置したりテーブルなどの上に置いたり、テレビの置き方は様々ですが、テレビも間接照明にとっては良い「目隠し」となるのです。壁に設置した場合は、薄型の間接照明をテレビの裏に設置して...

≫続きを読む

【床の上に置く】失敗しない間接照明の置き方

床の上に置くおススメの間接照明はこちら>>間接照明を床の上に配置する場合は、気を付けなければならないことが多く配置がとても難しいのですが、上手く活用することができれば壁や天井を照らすよりも良い演出をすることが可能です。床の間接照明の基本としては、カーペットなどの床よりはフローリングや、畳などに当てて...

≫続きを読む