ベッド裏 間接照明

ベッド裏に配置する(間接照明)

間接照明

 

ベッド裏に置くおススメの間接照明はこちら>>

 

 

間接照明をベッドの裏に配置する場合には、ベッドと壁の間の床から天井にかけてを照らすように配置するのが一番効果的です。
そして、枕元の壁を照らすのが最も綺麗で、素敵な雰囲気が作れるでしょう。

 

ベッドと壁の隙間からぼんやりと光が漏れ出ている様子は、想像しただけでも素敵ですよね。
照明の強さは人それぞれの好みですが、枕元の照明でしたら柔らかく、天井まで届くか届かないか位の光が一番良い雰囲気になります。

 

照明の色も、白よりは黄みがかったものを使用するのがオススメです。
照明を強くし、天井まで届かせて反射させれば、就寝前にベッドの上で本を読んだりするのが可能なくらいの明るさが得られます。

 

また、光を弱くして、壁がぼんやり照らされる程度にすれば、就寝中のいわゆる「豆電球」の役割も果たしてくれます。
真っ暗な中で寝るのが苦手な方は、豆電球を使用しているのでしょうが、天井に設置された照明は自分と向き合っているため、弱い光でもうっとおしく感じることもありますよね。

 

しかし、間接照明にすれば壁から反射した光がぼんやりを室内を照らすだけですので、そういった方にもベッド裏の間接照明はオススメです。

 

中野照明商店

【ベッド裏に置く】失敗しない間接照明の置き方関連ページ

テレビの裏に置く
お洒落に部屋を変身させる事のできる関節照明。そのインテリア間接照明選びで失敗しない為の3つのポイントを紹介しています。リラックスしたい、くつろぎたい、癒されたい、おしゃれにしたいなど、部屋の空間を変身させたい人は参考にしてみて下さい。
床の上に置く
お洒落に部屋を変身させる事のできる関節照明。そのインテリア間接照明選びで失敗しない為の3つのポイントを紹介しています。リラックスしたい、くつろぎたい、癒されたい、おしゃれにしたいなど、部屋の空間を変身させたい人は参考にしてみて下さい。