床の上 間接照明

床の上に配置する(間接照明)

間接照明

 

床の上に置くおススメの間接照明はこちら>>

 

 

間接照明を床の上に配置する場合は、気を付けなければならないことが多く配置がとても難しいのですが、上手く活用することができれば壁や天井を照らすよりも良い演出をすることが可能です。

 

床の間接照明の基本としては、カーペットなどの床よりはフローリングや、畳などに当てて使う方が良い雰囲気が得られます。
足元を照らすなど、安全面でも活用できる床の間接照明ですが、あまりかさばるものを設置してしまうと、逆に足元に注意していただかなくてはならなくなります。

 

そして、床の間接照明では部屋全体を明るくすることはできないので、ほんの「ワンポイント」としてのご利用をオススメします。
壁や天井が照明で照らされているのは当たり前ですが、床が照らされているのは稀ですので、当然人の目を引きます。

 

ご自分の部屋の中で特に目立たせたいもの(家具やスペースなど)の付近の床照らしたりするのも良いですし、逆にあまり見てほしくないものから遠ざけて配置するのも、床の間接照明の使い道のひとつです。
床の間接照明は、部屋の照明の主役というよりは、主役を助けてくれるものだと考えてご使用ください。

 

中野照明商店

【床の上に置く】失敗しない間接照明の置き方関連ページ

ベッド裏に置く
お洒落に部屋を変身させる事のできる関節照明。そのインテリア間接照明選びで失敗しない為の3つのポイントを紹介しています。リラックスしたい、くつろぎたい、癒されたい、おしゃれにしたいなど、部屋の空間を変身させたい人は参考にしてみて下さい。
テレビの裏に置く
お洒落に部屋を変身させる事のできる関節照明。そのインテリア間接照明選びで失敗しない為の3つのポイントを紹介しています。リラックスしたい、くつろぎたい、癒されたい、おしゃれにしたいなど、部屋の空間を変身させたい人は参考にしてみて下さい。